「集客」に使うことを徹底的に考えて作ったWordPressテーマ

手順6)プラグインの設定をしよう【その3:hCaptcha for WordPress】

    
hcaptcha
\ この記事を共有 /
手順6)プラグインの設定をしよう【その3:hCaptcha for Wo...

今回も、前回に引き続き、WordPressに是非入れておきたいプラグインの設定編です。

  1. Ninja Forms Contact Form – The Drag and Drop Form Builder for WordPress
  2. hCaptcha for WordPress★今回はコレ
  3. Webp converter for Media
  4. WP Multibyte Patch

今回の記事では、「hCaptcha for WordPress」というスパムから守ってくれるプラグインを設定していきます。

なぜスパムから守ってくれるプラグインが必要なのか?

実は毎日毎日、世界中のWebサイトにはスパムコメントがついたり、不正ログインをされてサイトの改ざんなどがされています。

『自分のWebサイトは大丈夫だろう。』と他人事に思わないでください。

僕の周りでも、急にWebサイトの乗っ取りがあったりするケースを見てきました。

対策をしていないとどんな事態になるのか?

色々あるのですが、一例だと

  • スパムコメント経由でウイルスに感染してしまったり
  • 不正ログインをされて、Webサイトの内容を大幅に書き換えられてしまったり
  • Webサイトが見れなくなってしまったり

などなど、とても怖い事態になったりします。

なので、少しでもそんなスパムからあなたのWebサイトを守ってくれる対策をしないといけないんです。

おすすめするプラグインが「hCaptcha for WordPress」

hCaptchaを導入すると、以下のようにあなたのWordPressにログインする際や、コメントを入れる際にスパムから守ってくれる仕組みが動きます。
↓↓

hCaptcha設定1

今回は、このhCaptchaをあなたのWordPressサイトに導入していきましょう。

【作業】hCaptchaをWordPressに導入する手順

まずは、プラグインのインストールをしましょう。

プラグイン」⇒「新規追加」⇒「hCaptcha for WordPress」を検索してインストールして有効化までしましょう。

↓こういうやつをインストールしてください↓

hCaptcha設定

↓ インストール後、WordPressの「設定」⇒「hCaptcha」をクリックしましょう。

WordPressへhCaptcha設定

↓ こんな画面が出てきます。

  • hCaptcha Site Key(サイトキー)
  • hCaptcha Secret Key (秘密鍵)

が必要なので、hCaptchaの公式サイトに行ってキーを発行します。

WordPressへhCaptcha設定

hCaptcha アカウントを取得してキーを発行しよう

hCaptchaの公式サイトにいきましょう。
hCaptcha公式サイトへ

↓ 公式サイトにいったら「今すぐサインアップ」をクリック。

hCaptcha設定

↓ 英語表記だと左上の「Add hCaptcha for Publishers to my website or app」を選択

hCaptcha設定

↓ 日本語表記の場合は左上の「出版社向けのhCaptchaを私のウェブサイトまたはアプリに追加します」をクリック

hCaptcha設定

↓ Eメールと国を選び、「私は人間です」をチェックし「参加する」で進みましょう。

hCaptcha設定

↓ 右上の「+新しいサイト」をクリックしましょう。

hCaptcha設定

↓ 続いて、新しいサイトキーを追加の部分の鉛筆マークをクリックします。

hCaptcha設定

↓ サイト名などを入力しましょう。

hCaptcha設定

↓ 一般情報のところに、hCaptchaを設置するWordPressサイトのドメインを入力しましょう。(例:example.com)
その後、「新しいドメインを追加」をクリック。

hCaptcha設定

↓ 右上の「保存する」ボタンをクリックしましょう。

hCaptcha設定

↓ 先ほど登録したドメインの「設定」をクリックしましょう。

hCaptcha設定

↓ そうすると、Sitekeyが出てきます。これがサイトキーなのでWordPressサイトの方に貼りましょう。

hCaptcha設定

↓ 続いてSecret Key(秘密鍵)を発行します。右上のアカウント部分をクリックし、「設定」を選びましょう。

hCaptcha設定

↓ そうすると秘密鍵が出てくるので、コピー。これをWordPressサイトのSecret Key部分に貼りましょう。

hCaptcha設定

↓ これでWordPressのhCaptchaのサイトキー、秘密鍵が埋まったと思います。合わせて、Override Language Detection(optional)に「ja」を入力してください。

hcaptcha1

WordPressサイトでの作業に戻りましょう。

↓ 続いて、以下のようにしてください。

  • Turn off when logged in のチェックを外す
  • Enable hCaptcha on Login Form  にチェック
  • Enable hCaptcha on Register Form  にチェック
  • Enable hCaptcha one Lost Password Form  にチェック
  • Enable hCaptcha on Comment Form  にチェック
  • Enable hCaptcha on Ninja Forms にチェック
hcaptcha

↓ 下の方に行き、「Save hCaptcha Settings」をクリックし保存しましょう。

WordPressへhCaptcha設定

これでhCaptchaの設定は完了です!

【推奨】お問合せフォームNinja FormsにもhCaptchaをつけてスパム対策をしよう

↓ 「Ninja Forms」⇒「ダッシュボード」を選びます。

Ninja

↓ 前回作った「お問合せフォーム」を選びます。

Ninja

↓ 右下の「+」をクリック。

Ninja

↓ 「hCaptcha」を送信ボタンの上に入れましょう。

Ninja

↓ 「完了」をクリック

Ninja

↓ 右上の「公開」ボタンをクリック。これでOKです。

Ninja

↓ このようにお問合せフォームに「hCaptcha」が表示されれば設定はバッチリ!

Ninja

お疲れさまでした。今回のプラグインhCaptchaの設定は完了です!

>次のページ「Webp Converter for Mediaの設定」へ進む

結果を出すために、派手さはいらない

「集客」に使うことだけを徹底的に考えて作ったWordPressテーマ

deerのロゴ(白)文字入り

決して多機能ではありませんが、使う機能を必要最低限に限定してシンプルにしているからこそ使いやすい、初心者さんに優しいテーマです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©WordPressテーマ『deer』,2021All Rights Reserved.