「集客」に使うことを徹底的に考えて作ったWordPressテーマ

手順2)Google Search ConsoleにあなたのWebサイトを登録しよう

    
サーチコンソール
\ この記事を共有 /
手順2)Google Search ConsoleにあなたのWebサイト...

今回は、Google Search Consoleというツールに、あなたのWebサイトを登録する作業をやります。

Google Search Consoleに登録すると、

  • Google検索におけるあなたのWebサイトの検索順位
  • 検索されているキーワード
  • その他、検索結果におけるパフォーマンス
  • Webサイトで改善すべき項目

などなどが分かります。

では、早速登録作業をしていきましょう!

【作業】Google Search Consoleに登録しよう!

まずは、Google Search Consoleの公式サイトへ飛びましょう。

↓ 初め使う方は、以下のようなページが表示されると思います。「今すぐ開始」をクリック。

Search Console設定

↓ 以下のような画面が出たら、左側のドメインの方を選び、あなたのWebサイトのドメイン(example.comなど)を入力し「続行」ボタンを押します。

Search Console設定

↓ すると以下のようなDNEレコードでのドメイン所有権の確認画面がでます。この画面の2のレコードをコピーしておきましょう。

Search Console設定

続いて、この画面は残したまま別のタブなどで、エックスサーバーの画面を開きましょう。

↓ Xserverアカウントへログインをしましょう。

Search Console設定

↓ つづて、「サーバー管理」を選びサーバーパネルへログインします。

Search Console設定

↓ サーバーパネルに入ったら右上のドメインメニューの中の、「DNSレコード設定」を選びます。

Search Console設定

↓ ドメインの選択画面になるので、あなたのWebサイトのドメインの「選択する」をクリック。

Search Console設定

↓ 続いて「DNSレコード追加」をクリック。

Search Console設定

↓ 以下のような画面になります。

  1. ホスト名は空欄
  2. 種別は「TXT」を選択
  3. 内容に、Google Search Consoleからコピーしたレコードを貼り付け

これで「確認画面へ進む」をクリックして次へ行きましょう。

Search Console設定

↓ 確認画面がでるので右下の「追加する」をクリック。

Search Console設定

↓ これでDNSレコードが追加できました。

Search Console設定

↓ そうしたらサーチコンソールの画面に戻り、「確認」をクリックしましょう。

Search Console設定

↓ 所有権を証明しました。と出ればバッチリです!「プロパティに移動」をクリックしましょう。

ここで所有権の確認に失敗したら、DNSレコードの反映に時間がかかっている場合があります。その場合は、少し時間をおいて、再度確認してみてください。

Search Console設定

↓ 以下のようなウェルカム画面が出るので「開始」をクリック。

Search Console設定

↓ このような画面が出たらOKです。この画面を

Search Console設定

ここまでできたら今回の作業は完了です!

>次のページ「Bing Web Master Toolsの登録」へ進む

結果を出すために、派手さはいらない

「集客」に使うことだけを徹底的に考えて作ったWordPressテーマ

deerのロゴ(白)文字入り

決して多機能ではありませんが、使う機能を必要最低限に限定してシンプルにしているからこそ使いやすい、初心者さんに優しいテーマです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©WordPressテーマ『deer』,2021All Rights Reserved.